子宮SOS!!

子宮SOS!!

14cm級の子宮筋腫発覚~子宮全摘手術の体験記

スポンサーリンク

術後6か月

術後6か月経過


2015年4月、14cm級の巨大子宮筋腫のため、腹腔鏡下子宮全摘手術をして半年が経過したはるるです。

 

ついに、6か月ですよ!!!

入院生活を思い返すと、寝ているだけで、ご飯が出てくるし、ベットでゴロゴロできるし、ベットは電動で背もたれが起きるし、テレビ見まくりだし、看護婦さんは優しいし、、、、

入院生活って最高!!!

 

と、術後の痛みや正体不明の背中の痛みに悶絶していたことも忘れて、良い思い出ばかりが頭をよぎる。。。。人間って都合のいい生き物ですね!!

Nurses
Nurses / zoonabar

 

術後半年の体調


いやーーーー、術後5か月の記事で、やたら病気ばかりして体力の衰えを感じる!!なんて言ってたんですけどね、

どういうわけか、ここ最近、すこぶる体調が良くなってきました。

少し前までは、友達から外出の誘いをうけても、あまり気のりがしなくて、家でゴロゴロしていることも多かったけど、最近は、気持ちが前に向いて、外出することが増えてきた。

 

ま、術後5か月当時、はまっていた、「Gossip Girl」を全エピソード見終わっちゃったからね、、、家に引きこもる理由がなくなった。って話もありますけどね。。。

あと、疲れる、疲れるって言ってたのも、年齢的な体力の衰えもあるけど、術後のだらだらした生活(回復には必要)に甘んじて、そのままレイジーな生活が心地よくなっちゃった!ってただの怠けもの!!って話もありますけどね!!!

あと、暑い夏が終わり、めっきり涼しくなって活動しやすくなったってのも一つに理由だったり。。。。

と、いろいろ要因は考えれますが、とにかく、

 

術後半年のはるるの体調は

 

とっても良い!!!

ってことです。

 

これから、同様な手術をされる方。または、いま、回復期でもどかしい思いをされている方。

安心してください! 半年もすれば絶好調ですよ!!

 

そして、つくづく思うのは、身体の状態ってメンタルにもかなり影響を及ぼしますね。身体が元気なら、心も元気、創作活動や、運動に積極的になれる!!

健康って大事ですね^^

 

前々から気になっていたことが、、、


さて、術後しばらくしてから、気になっていたことが一つ。。。

 

はるるには、右足裏に魚の目があって、ここ5,6年、悩まされていたんですよね。

裸足で歩くと、痛いし、サンダルは魚の目のところから表面がすりへってくるし、、、削っても削っても、また固くなってくるし。。。

鶏眼(けいがん)とは、皮膚の角質層の異常である。別名を魚の目(うおのめ)とも言う。特に足の裏の表皮の角質層が真皮内に向かって肥厚増殖する現象で、白色または黄白色の円形状をなす事が多い。刺激すると痛みを覚える。

ーWikipedia


病院にいったけど、定期的に削ってください。って言われるだけで、根本的な解決には至らなかった。。。

 

が、しかし

 

術後から、この魚の目が小さくなっていき、今では、何かが昔あったんだろうな~って小さい小さい痕しかなく、裸足でも平気だし、放置していても育ってこない!!!

要するに、魚の目が治ったんですよ!!!!

わたくし、これね、子宮筋腫の手術のが関係していると思っているんです。

 

考えてもみてください。身体の中に14cm級の球体(異物)があるんですよ。そりゃ、バランス感覚も本来のものとは変わってくるし、骨盤にも影響がですだろうし、歩き方も足の裏にかかる圧もなにかしら影響を受けてもおかしくないと思いません???

 

それが、その球体(異物)がなくなり、身体のアライメント(骨格)が本来のものに近づけば、他の場所にあった異物もなくなってもおかしくないじゃないですか???

 

なので、はるるの自論では、子宮筋腫の手術は、魚の目にも影響を及ぼす!!です。

同じような経験をお持ちの方いらっしゃいませんか???

 

まとめ


と、まあ、そんなこんなで、手術6か月後は

・すこぶる体調が良い。

・気分も前向きになってきた。

・子宮筋腫の手術でうおのめが治った。

でした!!



★入院・自宅療養時にオススメ動画配信サイト★

★子宮筋腫を患った人の必読書★