子宮SOS!!

子宮SOS!!

14cm級の子宮筋腫発覚~子宮全摘手術の体験記

スポンサーリンク

子宮筋腫バイブル本

子宮、応答せよ。


診察の際、子宮全摘出を考えるように、M医師から言われ、

ブレット(彼)と、今後のことや、年齢のこと、金銭的なこと等を話しあって、

全摘出を決意したけど、

何か情報が欲しくて、ネットサーフィンをしていた時に出会った本。

「子宮、応答せよ。」

得能 史子さん著







筋腫があることは依然から知っていたけど、とるほどではないと言われた。

その後、定期健診で、筋腫が大きくて、全摘出を言い渡された。

旦那さんがニュージーランド人。

子供がどうしても欲しいわけではなかったが、全摘出するといわれると、

産めないのと産まないのは大きく違うと悩む。。。

と、はるるの状況と酷似。。。

勝手に、得能さんに親近感。。。

実現するなら、是非会ってお話したいくらいです。

爆笑+大泣き


得能さんの描くイラストと文章がとてもコミカル。

何回も爆笑しながら、読みすすみ、

時には切なくなって、大泣き。

微妙な気持ちの動きとか、本当にはるるの感情や思いを代弁してくれて

いるようで、読み終えた後、気持ちがすっきり。。。

とりあえず、今は、この本のなかの、途中までがわたしの経験。

この先、手術の時や、手術後どんなことが待ち受けているのか、

実体験を知って、心構えができた気がする。

普段の生活の中では、見せない悲しさや迷いを同じ経験をしている人が

他にもたくさんいるんだなと知ることができて、心の支えにもなる。

筋腫を患って、これから手術を控えている方に、

是非是非、お勧めの一冊です。

 

声を大きくして言いたい!


この本をよんで、

何よりも、こんな事態になるまで、自分をほっておいた自分に

少し腹立たしくも、得能さんが最後にこの本に締めくくりに、

一人でも多くの女性が、定期健診を受けて、大事になる前に食い止められるよにと
切に願う
という言葉に大きくうなずくはるるです。