子宮SOS!!

子宮SOS!!

14cm級の子宮筋腫発覚~子宮全摘手術の体験記

スポンサーリンク

リュープリン注射3回目 副作用×アルコール=?編

リュープリン3回目


3回目から、リュープリンの量は倍増。

1.88mg ⇒ 3.75mg へ。

正直、どれだけが1.88mgなのか3.75mgなのかよくわからないが、

前回までより、よく効くのであろう。

ってことは副作用も。。。。

今までの2回だけでも、ホットフラッシュと軽い不眠を味わい、

充分、注射の効果が表れている。。。

診察時、その日の担当の先生に、

わたし薬効きすぎるようなので、半分でいいかも。。。

って言ってみたが、なんやかんや却下された。

しょーがなく、また腹に注射を打つ。3.75mgのリュープリン。。。

気のせいか、リュープリンを打った後、お腹周りのたるみが気になるのは
わたしだけだろうか。。。

注射をうったとたんに、更年期が加速し、
中年のような腹回りになるのは気のせいだろうか。。。。

謎だ。。。

さて、リュープリン3回目は、注射+診察で、

12,740円也


量が増えて値段も結構する。。。(泣

副作用


この注射後、ホットフラッシュ以外に、

だるさ、肩、首コリ、偏頭痛、といった症状が出始めた。。。

中途半端に、調子が悪いので、

どこまでが、副作用なのか、どこまでが、病に気がまけちゃってるのか、

よくわからない状態が続いた。。。

とにかく、やる気がおきない。。。

ま、こんな時くらいじゃないと、さぼれる時もないからと、

だらだら過ごした。。。

2週間ほどしたら、少し元気になった。

マッサン


ところで、朝のNHK連続ドラマ"マッサン"をご存知ですか?

わたし、すっかりマッサンファンでして。。。

マッサンといえば、エリーちゃん スキー。

日本のウイスキー誕生を支えた竹鶴政孝をモデルにしたマッサン。


スコットランド人の奥さんのエリーちゃんと国際結婚、そして、ウイスキーつくりに没頭する。。。

ある時、マッサンがウイスキー作りの出資を考える人たちに、

ウイスキーのプレゼン。

当時ウイスキーの味は、日本人になじみがなく、

マッサンがこだわるスモーキーフレーバーは、煙くさい酒だ!

と言われ、窮地にたたされると、エリーちゃんお手製のつまみが登場。

ウイスキーと一緒に食べるよう促す。。。。

食べる⇒呑む。。。

すると出資者がつまみと一緒にウイスキーを呑むと、美味しい!!

新発見!!!  驚き!!!   で

食べる⇒呑む。。。。

で、このシーンと、マッサンのウイスキーにかける情熱をみていたら、

ウイスキーがどうしても飲んでみたくなった。

ので、ウイスキーを買ってみた。







テレビにすぐ影響される、安い視聴者だ。。。。



我が家は晩酌家族で、父と母は、毎日日本酒を飲んでいる。

そこに、持ち込んだマッサンのウイスキー。。。

みんなで試飲会、、

「おーこれがスモーキーフレーバーか、、、
たしかにちょっとくさいかもしれないけど、美味い!!」

コクがあって、なんだか癖になる味。。。

その日から、おちょこに1,2杯づつ、晩御飯と一緒に飲み始めた。

晩御飯が終わると、一息おいて、

ブレット(彼)とスカイプで話をするのがいつものルーティーン。

はるる「ハローダーリン、元気?」

ブレット「元気、今日はどんな日だった?」

と、日常会話。。。

数分後、

はるる「ダーリン、ごめん、体だるいから、もう寝る。。
たぶん、注射の副作用。。。」

ブレット「そっか、じゃまた明日ね・・・」

こんな状態が続いた。。。

Nikka
Nikka / dh


一週間後


マッサンのウイスキーが終わった。。。

次に買いに行くのが面倒なので、

そこから晩酌はやめた。。。

というか、体の調子が悪くて、お酒を飲む気になれない。。。

二、三日後、、、

すこぶる元気になってきた。

ホットフラッシュ、軽い肩こり頭痛は相変わらずだが、だるさは抜けた。

ふと気づいた


リュープリン注射を打つイコール、

ホルモンバランスをコントロールしている+副作用を伴っている。。。

そもそも、健康体、通常体ではない。。。


その状態で、アルコールを体内に入れるのは、

何かしら体調の不調がでてもおかしくないのでは。。。。。

昔から晩酌家族で、家族全員酒好きで、

呑むのが普通になっているから、ついつい飲んでしまっていたけど、

明らかに、飲むのをやめたら、症状が緩和された。。。

これは。。。。。

遠い思い出


昔、スノーボードで転んで、肩の骨に小さいヒビがはいるという怪我をした。

ギブスをするまでの怪我でもなく、肩が上がらないという状態。

当時のバイト先で、仕事帰りに毎晩家とは違う方向に向かうわたしに

バイト先のおやびんが、

「はるるちゃん毎晩、帰りにどこ行くの?」と尋ねてきた。

「あ、行きつけの呑み屋で1杯飲んで帰ってるんですよ!!」

「えつ?骨折れてるのに?」(おやびん)

「いや、ちっちゃいヒビなんで大したことないっすよ!!」(はるる)

「そういうことじゃなくて、ヒビ入ってるのにお酒飲むと、
血流が良くなりすぎて、骨に空気がはいって、治りがすごく遅くなるんだよ!!」
(おやびん、呆れ顔)

「マジっすか?そんなこと初めて聞いた。
だって、病院の先生、アルコール飲んじゃいけませんってイワナッカタヨ!!」
(はるる、マジ初耳)

「あのね、常識だから言わないの!!!」(おやびん、ためいきまじり)

いわれてみれば、、、、お酒呑みだすと、肩がうずいて、
痛い、痛いって肩押さえながら飲んでいた。。。。

その日から、寄り道はやめた。。。

記憶の改ざん


どうも、身体になんらかの不具合があるときに、

アルコールを呑むと、他の何かを誘発するようなので、

やめた方が良さそうだ。

全快バリバリの時なら、アルコールも気持ちよく分解できるだろう。。。

しかし、明らかにいつもと違う、体のだるさを伴う。。。

怪我をした時もしかり。。。。

手術まで数か月のことなので、それまでは晩酌をやめることにした。。。

ブレットに晩酌をやめることを告げた。

ブレット「だから、何回も言ったでしょ?調子悪いの、ウイスキーのせいじゃないの?
って!!!」

はるる「・・・・・・・・・・・・・」

確かに、ブレット言ってた。

でも、聞き流していた。。。。。

人間には、都合悪いことは、自動的に記憶の改ざんをする機能があるらしい。。。。

 

 

 

まとめ

ということで、お酒好きで、リュープリン治療をされている方、

 

で 、ちょーーと副作用きついなって思う方!!!!

 

アルコールは控えたほうが、どうも良さそうですよ!!!

 

★子宮筋腫を患った人の必読書★