子宮SOS!!

子宮SOS!!

14cm級の子宮筋腫発覚~子宮全摘手術の体験記

スポンサーリンク

リュープリン注射2回目 出産や子宮の悩みは世界共通?編

リュープリンの量とスケジュール


前回M医師との診察時に初回のリュープリン注射を打った。
初回と2回目は半分の量の1.88mg。

3回目以降は3.75mgの注射。

1回目;9月末
2回目;11月
3回目;12月
4回目;1月
5回目;2月
6回目;3月

4月;手術

となる。

リュープリン 2回目


初回からすぐに副作用でホットフラッシュと不眠の症状が。

2回目11月。

この時の診察は院長先生で、様子を聞いて、とりあえず手術まで頑張って。

とのこと。。。。

医療費は注射込みで9380円。

3か月で手術まですませるつもりが、

手術をするのは半年以上先となり、

なおかつ、子供がわたしは欲しいのか?なんて真剣に悩んでいたのもむなしく、

子宮全摘出を言いわたされ、

わたしの人生設計は大きな変更を強いられた。。。


まったく、何も知らない思い込みほど怖いものはない!

ブレット(彼)とは当分、遠距離。。。になる。。。

ので、2週間ほど、ダーリンに会いに、オーストラリアへ。。。

http://www.flickr.com/photos/69231187@N04/6565484319

photo by josephdepalma

デイブ&トレイシー


わたしが渡豪したとき、ちょうどブレットの友達のバースディパーティーに

招待してもらった。

このパーティーで知り合った人達のいろいろな人生を耳にすることができた。

デイブとトレーシー夫妻の家に宿泊させてもらった。

二人には子供がいない。。。

子供が欲しくて、いろいろな治療をためした。

膨大なお金をつぎ込んだ。

しかし、妊娠に至らなかった。

ブレットがわたしの手術の話をトレーシーにしていたようで、

トレーシーがトレーシーの今までの経験を少しだけ話してくれた。

いまは、二人の人生を楽しもうと決めたことと、

仲間の子供を可愛がるのが楽しいと。

実際、この時に集まっていた友人達の子供達は、

トレーシーにとってもなついていた。

カットリーン


カットリーンは50歳。

でも、息子は5歳。

45歳で子供を産んだことになる。

さすがに50歳なんでしわが少しおおいけど、

綺麗だし、ぜんぜん老いを感じないかっこい人。

無事出産できたからよかったけど、

やはり45歳での初産はかなりリスクが高いと

医者にも周りにも言われたらしい。

でも、自慢の息子で、とても幸せだと。。。

ジューン


ジューンは60歳。

バツイチ、子供はいない。

彼女も60歳には見えない、とっても若々しい。

パーティー中、ネイティブ同士の会話についていけないわたしに

気を使って、ずっと話をしてくれた。

若いうちは旅行が大好きでいろんな国へ旅していた。

一度結婚して離婚したけど、

楽しいことややりたいことが多すぎて、

子供作るの忘れてた! っ笑って話してくれた。

それも人生。。。

そして、今は、介護の仕事をしていて、毎日毎日楽しい。

介護するおじいさん、おばあさん達が、かわいくてしかたない。

どの人生も今が一番大事


わたしがみんなと触れ合った数日の中で、
断片的に見えた、いろいろな人の人生。

いろんな選択があっただろうけど、

起きるできごとに、どんな意味をもたせるのは、

その時、その時の自分の決断や、気持ちのあり方なんだろうな。

子供が欲しいかどうか、揺れ動いていた気持ちが、

子供を作らないではなく、作れないという状況になり、

この選択であっているのか?という揺れに変わった。

正直、未だに、

この決断であっているのか?と思う。。。が、

それを意味ずけるのは後々の自分だなと思わせてくれる
経験になった。

ブレットと再びお別れ


もちろん、旅の一番の目的はブレット(彼)に会うことであって。。。

二人でドライブしたり、サーフィンしたり、

妹夫婦やブレットのママとBBQしたり、食事にいったり、

沢山楽しい思い出ができた。

旅行中もリュープリンの副作用のホットフラッシュと不眠は

相も変わらずだったが、

それ以上に、ブレットがハイテンションで愛情表現してくるのが、

ちょっと疲れちゃうので、

リュープリンの副作用を良いいい訳にして、

大人しくしてもたっていたのは、

彼にはもちろん内緒だ。。。

次に会えるのは、手術後の半年ごだというのに。。。

 

 

★子宮筋腫を患った人の必読書★